2007年08月09日

アプローチ完成

大竹マンションアプローチのインターロッキング敷き込み完了しました。前回完成しているコンクリート下地の上に、30oほど砂を敷き定規で均します。(写真右)次にインターロッキングを敷き詰めます。3色をランダムに、かたよらないように敷き詰めていきます。(写真中央)インターロッキング同士の隙間の砂を充填して完成です。(写真左)
インターロッキング貼り方、3色の選択と全て提案させていただきましたが、どんな感じでしょうか?
DSCF0079.JPGDSCF0073.JPGDSCF0069.JPG
posted by 建築部:片山 at 22:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様です。
毎度思うのですが、インターロッキングの組み合わせは難しくないですか?
パターンになっているようななってないような・・・。
見学会行きます!色々写真撮ります!
ご安全に。
Posted by 企画積算課 at 2007年08月11日 14:03
ご苦労様です。
ご指摘の通り、インターロッキングの配色、貼り方には悩み、数回打ち合わせを繰り返しました。
貼り方は当初から写真のパターンで了解をいただきましたが、配色にはなかなかガッテンのいく資料を提示できなくて、私もお施主様も決めかねていました。
メーカーに図面データを送り2通りの配色をしてもらいましたが、完成予想図のような質感が感じられませんでした。が、実物サンプルにより決定できました。
インターロッキングは乾燥状態と湿潤状態では、色合いがずいぶん違います。
今回は3色を乱貼りしましたが、湿潤状態の色が打ち合わせしたイメージにあっていると思います。
Posted by 建築部:片山 at 2007年08月20日 21:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。