2007年07月27日

階段室仕上げ

DSCF0219.JPGDSCF0221.JPG昨日から階段室の壁、天井の仕上げ工事をしています。階段が一つなので、階段の仕上げをすると言うことは他の作業をストップすることになります。
階段室の仕上げは俗に言う「吹き付けタイル」と呼ばれるもので、以前は「ボンタイル」と呼ばれていたものでしょうか?
左の写真には凸凹が写っています。これは吹き付けタイルの通称「玉」と呼ばれるもので、お好み焼きの生地より少し硬い位の粘度の「玉」を、空気で吹き飛ばして壁にちりばめるものです。
写真右は「玉」施工完了です。この後色を吹き付けて完了します。
posted by 建築部:片山 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。