2007年07月14日

7月12日

DSCF0137.JPG3階まで石膏ボードを貼り終えました。
狭いと思えた空間も間仕切りを終え、ボードを貼り終えると一つの部屋として認識でき、それなりの広さを実感できます。そこにベッド、机、食卓など頭の中でレイアウトしてみると、この建物で夏か冬を過ごしてみたい気持ちになります。大竹には単身赴任していますので、工事が終わると会社がある県東部の三原市に戻ります。大竹マンションに住みたいと言っても、住まわしてもらえないでしょうね。

posted by 建築部:片山 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。