2007年05月29日

ユニットバスとスタットボードの関係

DSCF0265.JPGDSCF0278.JPGいろいろ説明してきましたが、みなさんもまだ「ユニットバスを先に取り付けてしまい、コンクリートの壁はどうくっついてくるのだろう?」と思っていませんか?私も図面やカタログを見ただけではなかなかガッテンが行きませんでした。

写真右がユニットバス側面で、流れてくるコンクリートに接する面です。丸いパットがいくつも取り付けてあります。
写真左がスタットボード組立中の様子で、ここにも丸いパットが使われています。2つの写真を見比べてだいたい分かっていただけたと思います。つまりユニットバス側面には既に、スタットボードが丸いパットによって取り付けられています。丸いパットの中央にはねじ穴が明いていて、ねじ山が切ってあるセパレーターと呼ばれる金属の棒をねじ込み、ベニアの型枠を取り付ければ完成です。

ユニットバスの据付精度が、壁の直線性(通りの精度)に影響します。
posted by 建築部:片山 at 18:21| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

逆のダッチ人形!
Excerpt: 色々と命令されて人形みたいに扱われるバイトを発見した!ヤバい(笑)
Weblog: NYようすけ
Tracked: 2007-05-31 19:53

四日で50マン(笑)
Excerpt: オタクのドウテイキャラのフリして入ったら、やりまくりのもうけまくり(笑)
Weblog: 林田
Tracked: 2007-06-03 06:10
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。