2007年05月15日

再びスタットボード

DSCF0153.JPGまたスタットボードの写真です。
白いところは断熱材と型枠の役割をします。黒く断熱材の中に入り込んでいる物は内装壁下地材兼、断熱型枠補強材です。
コンクリートを流し込むと、型枠を外さなければならないのですが、スタットボードは外さなくても良く、黒い材料が壁下地材になります。下地材の表現がわかりにくいかもしれませんが、黒い下地材に内装のボードをビス止めすれば、後は壁紙を貼るだけです。
posted by 建築部:片山 at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。