2007年05月11日

壁の厚さを決める

DSCF0151.JPG建物の耐震性を確保する上で、鉄筋を設計通りに配筋しなければならない旨は、過去にお伝えしたと思います。と同時に必要なコンクリートの厚みを確保しなければなりません。
 写真はコンクリート厚さを確保する物でセパ(正式名称セパレーター)です。軸の右側は既にコンクリート合板(わかりやすくベニア)に突き刺さっています。軸の左側にはスタットボードを取り付けます。軸の左右とも壁厚さを決める溝があり、この軸で確保された空間にコンクリートを流し込みます。

ここは文章で説明するのはとても難しいですね。

posted by 建築部:片山 at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。