2007年05月02日

型枠を固める

DSCF0089.JPGDSCF0086.JPG型枠を固める(=コンクリートの重量に耐えるようにする)作業が終了しました。
写真のようにコンクリートの重量は、厚さ12oのベニア(コンクリー用合板)と縦、横に組み合わせた鋼管で保たせます。鋼管の取付ピッチは壁の厚さ、壁の高さ、コンクリートを流し込むスピードで決まり、計算式もあります。
 のっぺらなかべばかりで無く必ずコーナー部分があり、コンクリートの重量で型枠が離れないよう、チェーンなどを使う特別な固め方があります。
posted by 建築部:片山 at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。