2007年07月23日

また全景

DSCF0205.JPGDSCF0206.JPGDSCF0210.JPG外部足場解体後初めて快晴の朝です。いい写真になりました(?)のでまた掲載します。
左から2枚目までは朝日、右の写真は午後、夕方の光で撮影しました。
内装工事はもうすぐクロス張りが完了します。
入居希望だが線路や高速道路に近く、騒音が心配と思われる方、不動産屋さんに連絡いただければ、騒音がどの程度まで軽減されているか実感していただけるよう、見学など対応させていただきます。

posted by 建築部:片山 at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポーチのタイル貼り

DSCF0178.JPGDSCF00183.JPGDSCF0195.JPGポーチにタイルを貼ります。
タイルには色々種類があります。ポーチ用のタイルは「外装床用」と称されます。その他には「外装壁用」、「内装壁用」、「内装床用」などあり、外装には凍害性能が要求されます。
写真左はセメントと水をかき混ぜていますが、水を少ししか加えていません。通常目にするようなセメント+砂+水から出来たモルタルと違い、粘りもとろみもありません。バッサバサです。この状態を称してバサモル(バッサバサのモルタル)と呼びます。
バサモルは固まっても空洞があります。アワオコシの状態でしょうか?床タイルは数々の重量物にさらされますので、空間を持ったバサモルを下地として施工することがほとんどです。
写真中央はバサモル下地施工中。バサモルの状態が分かっていただけると思います。写真右はポーチタイル貼り完了です。扇状に貼ったタイルは一枚も切断していないんですよ。(タイル割り自慢。)
posted by 建築部:片山 at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。