2007年07月12日

壁を作っています。

DSCF00123.JPGDSCF00129.JPG写真左は室内壁を作っている途中です。軽量鉄骨下地に両側からPBを貼っています。ご覧のように壁の中は中空です。棚を取り付ける時は下地の骨を狙って木ビスを打つようにしましょう。金属下地探知機なる物も販売されています。
写真右はPBを取り付けるビスです。金属下地に突き刺さるようにビスの先は鋭利になっています。職人さんはこのビスをちょっと前の大工さんみたいに口にふくみ、連続打ちします。
posted by 建築部:片山 at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

壁の材料

DSCF0113.JPGDSCF0133.JPG写真左は壁にビスで取り付けていく材料です。和名石膏ボード、通称プラスターボード、略称PBと表現されます。石膏ボードの構成は、薄く石膏を板状に固め、表面には型紙が貼られています。紙にはメーカーのトレードマーク、タイガーの顔が印刷されています。「♪僕はタ〜イガー…   」のフレーズのメーカーです。
大竹マンションでは壁、天井とも9.5ミリのPBを貼っていきます。
写真右はキッチンの奥の壁です。色が違うPBが貼られています。キッチンに接する壁は湿気に対抗する為、耐水ボードを貼っています。

みなさんのご家庭にも使用されていると思いますが、石膏ボードには釘、木ビスは利きません。ですので棚を付けたい時など苦労されたことがあると思います。DIY店には石膏ボードに木ビスを利かせる為の材料が置いてありますが、ここでも近所の建築屋に訪ねられるのが近道だと思います。ここに質問をいただいても、もちろんいいです
posted by 建築部:片山 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。